2016年11月30日

OTEdit for Mac Ver5.8.0 公開

OTEdit for Mac Ver5.8.0 公開しました。

【アップデート内容】
●[文字一覧]画面の[設定]ボタンの右横にポップアップメニューを表示するボタンを追加し、メニュー[編集文字指定...]、[作成済み文字のみ表示]、[スライド中も画面をスクロールする]、[ヘルプ]を表示するようにしました。
●[文字一覧]画面で、文字コード部分など文字一覧以外をダブルクリックした時、文字指定ダイアログを表示していましたが止めました。
代わりにポップアップメニューボタンで表示される[編集文字指定...]を使ってください。
posted by MusashiSystem at 11:09| Comment(0) | 日記

OTEdit for Windows Ver8.8.0 公開

OTEdit for Windows Ver8.8.0 公開しました。

【アップデート内容】
●[文字一覧]画面の[設定]ボタンの右横にポップアップメニューを表示するボタンを追加し、メニュー[編集文字指定...]、[作成済み文字のみ表示]、[スライド中も画面をスクロールする]、[ヘルプ]を表示するようにしました。
●[文字一覧]画面で、文字コード部分など文字一覧以外をダブルクリックした時、文字指定ダイアログを表示していましたが止めました。
代わりにポップアップメニューボタンで表示される[編集文字指定...]を使ってください。
●文字一覧画面において、JISコードで表示、かつ、作成済み文字のみ表示の場合、特定の文字が表示されない障害を修正しました。
posted by MusashiSystem at 11:08| Comment(0) | 日記

2016年11月16日

TTEdit Ver9.9.0 公開

TTEdit Ver9.9.0 公開しました。

【アップデート内容】
●[文字一覧]画面の[設定]ボタンの右横にポップアップメニューを表示するボタンを追加し、メニュー[編集文字指定...]、[作成済み文字のみ表示]、[スライド中も画面をスクロールする]、[ヘルプ]を表示するようにしました。
●[文字一覧]画面で、文字コード部分など文字一覧以外をダブルクリックした時、文字指定ダイアログを表示していましたが止めました。
代わりにポップアップメニューボタンで表示される[編集文字指定...]を使ってください。
●輪郭開始点を削除する時、次のオンカーブ点を新しい輪郭開始点にするようにしました。(今までは次の制御点を輪郭開始点にしていました。)
●特定のフォントで、ファイル終わり部分に格納されている文字が表示できない障害を修正しました。
●[ファイル]メニューの[エクスポート][CSVファイル...]コマンド を行うと、[エクスポート] [SVGファイル...]コマンド が実行されてしまう障害を修正しました。(障害はVer9.6.0以降で発生します。)
posted by MusashiSystem at 12:23| Comment(0) | 日記

2016年11月07日

サブセットフォントメーカー Ver3.0.0 公開

Windows版とMac版のサブセットフォントメーカー Ver3.0.0 を公開しました。

【アップデート内容】
●フォントに格納する文字をHTMLでの&#による文字コード記述と同じように記入できるようにしました。
 例えば文字「あ」は「あ」と記入できます。
●Unicode IVSに対応しました。
 例えば異体字セレクターがU+E0101の「邉」は[フォントに格納する文字]欄に「邉󠄁」と記入できます。
posted by MusashiSystem at 10:38| Comment(0) | 日記

2016年11月02日

OTEdit for Windows Ver8.7.0 公開

OTEdit for Windows Ver8.7.0 公開しました。
【アップデート内容】
●文字一覧においてグリフ(字形)が作成されている文字のみを表示できるようにしました。
●文字一覧での[設定]で「アンチエイリアスで表示する」を初期値でONにしました。
●Windows10における、文字一覧でのGSUB異体字サブ画面とUnicode IVS異体字サブ画面のデザインを変更しました。
●作成したフォントの動作環境としてmacOS 10.12(macOS Sierra)を追加しました。
●[ファイル]メニューの[閉じる]でファイルを閉じた場合、タブが残ってしまう障害を修正しました。
posted by MusashiSystem at 08:16| Comment(0) | 日記

TTEdit Ver9.8.0 公開

TTEdit Ver9.8.0 公開しました。

【アップデート内容】
●文字一覧においてグリフ(字形)が作成されている文字のみを表示できるようにしました。
●文字一覧での[設定]で「アンチエイリアスで表示する」を初期値でONにしました。
●Windows10における、文字一覧でのUnicode IVS異体字サブ画面のデザインを変更しました。
●作成したフォントの動作環境としてmacOS 10.12(macOS Sierra)を追加しました。
●[ファイル]メニューの[閉じる]でファイルを閉じた場合、タブが残ってしまう障害を修正しました。
posted by MusashiSystem at 08:15| Comment(0) | 日記